「金持ち脳」は他人を協力者や仲間と考え

「貧乏脳」は他人をライバルや敵と考える。

他人とのかかわり方は今後の大きな分岐点となります。

そこで他人をライバルや敵と考える人には「人が与えるチャンス」を
手に入れることは永久にできません。

逆にお金持ちは「人が与えるチャンス」を活かし、
感謝を忘れません。

他人は協力者であり、仲間です。

「金持ち脳」は金持ちを尊敬の対象とする

「貧乏脳」は金持ちを嫉妬の対象とする。

お金持ちになる人は金持ちに尊敬。
勤勉性や哲学、人生観が富を、社会に貢献している事実を知っている。
貧乏になる人は嫉妬をするだけで学ぼうとしません。

「貧乏脳」は小さな幸福を夢見る。

    「金持ち脳」は大きな幸福を夢見る。

お金持ちになる人の共通点として

「大きな夢を抱く」という事があります。

抱いた夢よりも大きな幸運が訪れることはありません。

 

貧乏になる人は小さな夢を抱くことがほとんどです。

貧乏な人は夢は叶わないと思い込み、また、実現しなかった時の落胆が

小さく済みます。

 

そんな考え方では金持ちにはなれませんよね。

 

考え方のスケールが金持ちと貧乏の大きな違いですかね。。

 

「貧乏脳」は生活費のために働く。

「金持ち脳」はやりがいのために働く

 

貧乏になる人は生活費のためにという思いで働く。

まるで、今の自分がそうだ。

お金持ちになる人は、「お金」よりも「やりがい」のために

働く。

モチベーションが下がることなく、自分のやりたいことで

働き、前向きに働く。

結果、「お金」を生む。

毎日が修業のつもりで働いている自分とは大きな違い。

自分がやっていて楽しく、前向きに仕事に取り組める

そんな気持ちで仕事を。

サザエさんを観ていると気が重くなるようではだめですね。

 

「貧乏脳」は脱サラをリスクととらえる。「金持ち脳」は脱サラをチャンスと捉える。

「貧乏脳」は脱サラをリスクととらえる。「金持ち脳」は脱サラをチャンスと捉えます。

脱サラをして成功した人は、起業をすることをチャンスと考えてきた人です。

そこには、情熱をもって取り組んできたからこそ成功してきました。

多くの場合は脱サラをリスクと考え投資もせず、成功する確率が低くなることは

当然の結果となってしまいます。

 

 

 

▲トップへ戻る